2.予約メールの設定

予約メールは、Webサイトで予約を受け付けた事を予約者に告知する、重要な手段となります。

メール本文はレンタル期間や車両の情報に留まらず、遵守事項や補償など事後に必要となる内容を予め明記しておくと、トラブル対策として有効です。

テンプレートの登録

メールテンプレートは、メール送信先や件名などメールヘッダーの情報と、メール本文からなります。

予約フォームで入力された内容をメール文に反映する場合、「%」記号で囲まれたアルファベット文字列の変数(リプレースメントと呼びます)を使います。

アルファベット文字列は、入力フォームの項目や、料金を出力するために加工した文字列を指定するものなど、システムが個別に定義したものとなります。

主なリプレースメント一覧

予約内容

  • 予約ID:%RESERVE_ID%
  • 出発日時:%RENT_START%
  • 返却日時:%RENT_END%
  • 車両名:%VEHICLE_NAME%
  • 車両名と金額:%VEHICLE_NAME_CHARGE%

料金

  • 合計額:%PAYMENT_TOTAL%
  • 消費税額:%PAYMENT_TAX%
  • 消費税率:%PAYMENT_TAX_RATE%
  • 総合計額:%PAYMENT_GRAND_TOTAL%

申込者

  • 姓:%SEI%
  • 名:%MEI%
  • メールアドレス:%EMAIL%
  • 郵便番号:%POSTCODE%
  • 都道府県:%PREF%
  • 郡市区:%CITY%
  • 町番地:%TOWN%
  • 建物等:%BUILDING%
  • 電話番号:%TEL%
  • 携帯番号:%MOBILE%

その他

  • 実行日付:%CURRENT_DATE%
  • 実行時刻:%CURRENT_TIME%

送信の設定

予約メールは、どのテンプレートを利用する設定することで、送信されるようになります。またテンプレートは複数登録できますが、送信に利用されるテンプレートは、設定された1つだけです。

予約メールの設定は、管理画面の各種設定で「予約フォーム」タグページにある「予約メール」で、登録されたテンプレート一覧の中から選択、設定します。